Skip to content

タウリンには天然タウリンと合成タウリンがあります

タウリンはアミノ酸で体内で生成することができます。食べ物には魚介類や鶏肉などに多く含まれており、不足すると交感神経が活発に働くようになり不安になったり、気落ちしたり、イライラするなどの症状があらわれます。

またタウリンが不足すると心機能が低下して心筋梗塞や狭心症などになる可能性があります。運動能力や視力が低下し、代謝も悪くなるため太りやすくなる場合もあります。

タウリンを摂ることで疲労回復だけではなく、高血圧改善、肝機能を正常化させるなどの効果が期待できます。

タウリンには天然タウリンと合成タウリンの2種類があります。どちらも得られる効果は同じですが、天然タウリンは牡蠣や魚など魚介類、鳥のもも肉などに含まれている栄養素で、料理のうま味を出す成分としても知られています。

合成タウリンは、エチレンという化学物質を合成して作られています。栄養ドリンクなどに含まれる天然タウリンは合成タウリンが使われています。合成タウリンは医薬品なので食品には入れることはなく、サプリメントには天然タウリンが使われています。

タウリンを摂取する際の副作用については、合成タウリンについては稀に下痢や便秘、腹部の不快感などが報告されていますが、天然タウリンでは副作用は起こらず安心して摂ることができます。

また値段は合成タウリンは食品から抽出する天然タウリンよりも安く購入することができます。タウリンは食事から摂ることは難しい栄養素ですが、不足すると体調不良などに繋がるため、サプリメントなどを活用して積極的に摂取したいものです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です