Skip to content

タウリンは肝臓を助けます

肝臓に負担のかかる食事が増えていますが、肝臓への効果が期待できるのはタウリンです。
栄養ドリンクなどに配合されていることで知られていますが、実は肝臓への効果が期待できるのです。

タウリンはアミノ酸の1種で心臓、筋肉、目の網膜、肝臓などに含まれており、体内でも生成できるのですが、大切な臓器などや生命を維持するためには生成できる量が少ないため食べ物から摂る必要があります。
タウリンが多く含まれている食品には、スルメの表面についている白い粉や、貝類、以下、タコ、魚の血合いなどに多く含まれています。
特に牡蠣や蛤は魚介類の中でも多く含まれているので積極的に摂りたい食品です。

肝臓が健康になると体のだるさなどが解消されるなど体への良い影響があります。
他にはコレステロール値を改善し血中コレステロール値を下げる働きが期待できたり、二日酔いの症状を和らげることもできます。
お酒を飲むと肝臓はアルコールを排出するよう分解しますが、タウリンはそのアルコールの分解に必要な酵素をサポートしたり、分解のスピードを上げて肝臓の負担を軽くすることもできます。

他には肝細胞の再生や、肝臓に溜まった中性脂肪を体外に排出する働きがあるため脂肪肝の改善も可能です。
食べ物でタウリンを摂る際に注意することは、水に溶け出す性質があるため、溶け出したスープも一緒に摂るようにするとより効果的です。
摂り過ぎると不要な分は尿と一緒に排出されるのですが、コレステロールが高い食品もあるため、食べ過ぎはコレステロール過多になる可能性があるので注意が必要です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です